前へ
次へ

就職先としての行政書士

行政書士は登録開業してこそ、行政書士としての活躍ができるわけですから、この資格を活かすには、独立開業の海に漕ぎ出す、ほかは、行政書士法人の社員として就職するか、あるいはパートナーを見つけて共同経営にしていくかということになりそうです。結局クライアントを多くつかむために、その資格を活かせるような営業が必要になってくるようです。待つだけでは、収入が見込めませんので、市場をつかみ、採算性の合う開業をしなければなりません。そうした地盤を引き継げるならばベストですが、一から始めるとなるとなかなかに大変です。そのため、たくさんの人脈を持ち、情報収集力と行動力がネックとなってきそうなのです。これらをつかめば、逆に定例的な高額安定収入が得られそうです。

top用置換

top用置換2
Page Top